« なでしこリーグのすすめ・第3クール | トップページ | 喜びと祝福 »

2005年9月21日 (水)

島の暮らし

まだ島にいます。伊江島という島です。

沖縄に旅行にきた人のほとんどは、本島北部の「海洋博記念公園(美ら海水族館)」に行ったと思いますが、そこから海を隔てて見える島が伊江島です。

umi2沖縄本島からは5キロほどしか離れていませんが、離島の生活がそこにはあります。
不便な面も多々ありますが、本島以上の海の透明度、人情、そして自然などそれを補って余りある島です。

特に海のきれいさはダイバーたちにも有名だそうで、ダイビングをするために島に定住するナイチャー(本土の人たち)も多いんです。ダイビングサービスも島に5件ぐらいありますから。

伊江島には離島としては唯一「米軍基地(IE RANGE)」があります。昔は島の半分近くが接収されていましたが徐々に返還され、といっても今でも島の面積の25%以上が米軍のために使用されています。
「米軍基地がある」ということは国からも「特別予算がはいる」ので、地方自治体の村としては「裕福な」村の一つでしょう。1日4往復だけなのに大型フェリー(片道30分ぐらい)を2隻持っていますし、フェリーの発着場も2年前に豪華に建て替えられました。

ただ、一番気になるのが「自然が減っている」事。村の予算を「建設に使う事で村全体の景気を下支えする」ために自然の海岸線をコンクリートの岸壁に変えてみたり、砂浜を埋め立てて漁港を整備してみたり、誰も遊ばないような公園をあちこち作ってみたり・・・。

もちろん、ここで暮らす人たちにとって重要な予算の使い方であって、すんでいないボクたちがどうこう言う問題ではないのかも知れません。ただ、島に来るたびに「自然が減っている」事に気が付く、それって寂しいことです。
yagi2
話は変わって・・・うちの近所に柵が作られ「山羊」が飼われていました。山羊は沖縄ではヒージャー」と呼ばれていて、昔から滋養食とされています。那覇などでは「山羊料理専門店」があるぐらいです。
とっても可愛い親子だったのでちょっぴり可愛そう。

島の産業も変わってきました。島の基幹産業は「サトウキビ」でした。しかし、現在ではたばこ栽培と花卉栽培が主流になりました。

|

« なでしこリーグのすすめ・第3クール | トップページ | 喜びと祝福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/6043619

この記事へのトラックバック一覧です: 島の暮らし:

« なでしこリーグのすすめ・第3クール | トップページ | 喜びと祝福 »