« マリーゼ対市原千葉@郡山 | トップページ | 備えあれば・・・ »

2007年7月17日 (火)

台風、そして地震

沖縄、九州から東海地方にかけて大きな被害をもたらした台風4号が東海上に抜けて、関東・東北地方の直撃は避けられたとほっと胸をなで下ろした昨日、今度は大地震。地震、台風で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
ニュースなどで状況が明らかになるたび、甚大な被害に胸が痛みます。
一日も早く、平穏な生活に戻れることをお祈りいたします。

さて、今回の地震は起こった時間帯が午前10時過ぎということで、たぶん家庭では一番火を使わない時間(もしくは「地震時はまず消火」が徹底されたのか)のため、火災がほとんど発生しなかった(少なくともニュースにはなっていない)ようです。
このことに関しては、本当に良かった。

そこで気になることは、『ニュースになった、たった一件の火災』があろうことか『東京電力柏崎刈羽原子力発電所』だったこと。
日本中で一番地震に強く安全でなければいけないはずの施設で、地震のために火災が起きようとは・・・。

空からの映像で、黒煙を上げる原発施設を見て愕然とした方も多いのではないでしょうか?
しかも「消防は手が回らなく、原発の消火活動には向かえない」というし・・・「原発職員が消火活動」というニュースでしたが、映像で人影が見えないのはもしかして「放射能で近づけない?」なんて考えてしまいました。

また、当初「放射能漏れはない」といっておきながら、現実は『微量』の放射能を含んだ水が配水管を通じて、海中に放出されていた・・・しかも、発表はその数時間後・・・原電における『隠蔽体質』は、過去の事例を見ても明らかですので、今回の件も本当に『微量』なのかも疑ってしまいます。

今回は『想定外の揺れ』といいますが、そもそも『想定』ってどんな想定なのでしょう。
もともと『地震銀座』といわれる新潟や福井などに原発が集中しているという事実。これからも本当に大丈夫なんでしょうか?
もう一つの原発集中地(マリーゼの勤務地だぁ)、福島県浜通り地方も宮城県沖・福島県沖地震の頻発する地帯。
原子炉自体に深刻な事態、なんて事が起きなければよいのですが・・・。

われわれ人類はともすると地球の支配者のつもりで日常を生きていますが、こうした自然災害の前ではあまりに微力なのだと、またも思い知らされてしまいました。

でも本当に、被災地の一日も早い復旧を祈っています。

|

« マリーゼ対市原千葉@郡山 | トップページ | 備えあれば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/15786389

この記事へのトラックバック一覧です: 台風、そして地震:

» 特許庁定例発表、7/17地域団体商標登録査定「仙台牛」など9件 [地域団体商標・地域ブランド情報]
特許庁審査業務部商標課地域団体商標推進室は7/17、地域団体商標登録査定9件を発表しました。次のとおりです。●仙台牛(せんだいぎゅう) 全国農業協同組合連合会 宮城県●仙台黒毛和牛(せんだいくろげわぎゅう) 全国農業協同組合連合会 宮城県●塩原温泉(しおばらおんせん) 塩原温泉旅館協同組合 栃木県●伊香保温泉(いかほおんせん) 伊香保温泉旅館協同組合 群馬県●富里スイカ(とみさとすいか) 富里市農業協同組合 千葉県●越前瓦(えちぜんかわら) 福井県瓦工�... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 18時09分

« マリーゼ対市原千葉@郡山 | トップページ | 備えあれば・・・ »