« マリーゼフェスタ3日目 | トップページ | アメリカのカメラ屋さんで日米価格差を考える(なんて大げさじゃないけど) »

2008年3月23日 (日)

マリーゼフェスタ 最終日

マリーゼフェスタ最終日。A組B組一位同士の優勝決定戦「湯郷ベル対アルビレックス新潟レディース」は2-1で湯郷ベルの勝利。
ボクは後半のちょっとしか見ていないのですが、「10MF宮間あやの出来が突出していて素晴らしい」と女子サッカーを長く取材しているライターの西森さんが絶賛していました。

試合後、湯郷の本田監督は「今年は何でもいいからタイトルを獲るのが目標って選手たちに言ってたけど、もう(マリーゼフェスタで)獲っちゃった」と笑っていました。一週間前に行われた湯郷カップの出来が悪く、逆にそれがチームの修正に役立ったとも。一戦一戦に課題を見つけ、勝利につなげるのが監督なんですね(当たり前か)。ボクなんか勝ったか負けたかぐらいしかわからないけど(笑)。

さて、続いて行われたマリーゼ対日体大。
24sato_3 マリーゼの先発は丸山、中原、田原、上辻、鮫島、五十嵐、佐藤、宮崎、長船、中村そして、GKは天野。
前半は丸山の1トップに中原、田原、上辻が加わり、積極的に仕掛けていきましたがスコアレス。
後半9分頃中原に代わり本間、後半15分には五十嵐に代わり森本を投入。さらに攻撃的な布陣で攻め続けました。
ゲームが動いたのは後半32分。ドリブルで持ち込んだ24佐藤がそのまま押し込んで1-0。なでしこリーグDiv.1の面目を保った試合でした。

リーグ戦開幕3週間前というこの時期に行われた「マリーゼフェスタ」。
新加入選手の見極めはもちろん、連携やフォーメーションに課題を見出し、それを修正するのには絶好の機会だったのではないでしょうか。

ボク個人としては「鮫島の位置が低く、あまり攻撃に絡んでいないような・・・」
まあ、テストマッチだし、心配はないでしょうけどね。
リーグ戦ではどのようなポジションでプレーをするのかなぁ。

|

« マリーゼフェスタ3日目 | トップページ | アメリカのカメラ屋さんで日米価格差を考える(なんて大げさじゃないけど) »

コメント

1日目と、最終日を見て来ました。
最終日は、スタジアムでの試合でしたので、見やすかったです。素人目では、得点力不足っていううか、シュートにもって行けない感じですね。FWの佐藤選手が、サイドバックのポジションで初日も最終日もしてたみたいですが、このままいくのかな?

投稿: こんたけ | 2008年3月23日 (日) 23時10分

こんたけさん、こんにちは!

ホントのベストメンバーはまだまだわからないと思います。
今回のフェスタは「新人がどのくらい使えるのか」と「個人プレーではなくゾーンを意識した戦術の検証」という意味合いが強かったのではないかな?つまり「ボールも人も動くサッカー」。
だから、どこかの国の男子代表みたいに相手にパス!も多かったりして(どこが「見ている人が幸せになるサッカーだよ」がっかり。オマーン戦は頑張ってネ)。

ただ、ディフェンスは涼子さんとゴウさんが抜けた穴は誰かが埋めなければいけないので、左SBはサトエリ(笑)は有力なんでしょうね(オールラウンドプレーヤーですから)。でも池田、神戸とのポジション争いは熾烈です。

FW中原もいい動きは見せていましたが、連携と決定力はマコさんの方が上だと思うし、何よりも今回並べて使っていたのがカリナ、鮫、上辻、中原、田原ってもともとFWでしょ(それをいったらサトエリもかな)、あまりにも攻撃的すぎるぅ。

開幕はどんなメンバーなのでしょうね。予想してくださいな。

投稿: きじむなあ | 2008年3月27日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/40610329

この記事へのトラックバック一覧です: マリーゼフェスタ 最終日:

« マリーゼフェスタ3日目 | トップページ | アメリカのカメラ屋さんで日米価格差を考える(なんて大げさじゃないけど) »