« 第32回全日本少年サッカー大会 | トップページ | マリーゼ公開録音ご招待 »

2008年8月 7日 (木)

つらいね

「第32回全日本少年サッカー大会」も佳境に入り、今日(もう昨日か)は決勝トーナメント一回戦とそれを勝ち抜けたチームによる準々決勝が行われました。

その準々決勝は「名古屋グランパス(愛知代表)対川崎フロンターレ(神奈川代表)」「東京ヴェルディ(東京第一代表)対FC浦和(埼玉代表)」「柏レイソル(千葉代表)対鹿島アントラーズ(茨城代表)」そして一回戦でセレッソ大阪をPK戦の末破って勢いづく伏兵・水原SS(新潟代表)対FCエストレージャ(静岡代表)」の4試合。

ジュニアは20分ハーフ40分で行われるのですが、ボクはその40分の間にピッチを移動し4試合(8チーム)全てを掛け持ちで撮影をするという無謀な計画。
かたや主催の読売さんは各ピッチに2名、後援の報知さんは各ピッチに1名という配置。自ずと結果は見えています・・・?

_dsc9585 結果は公式ホームページや明日の朝刊をご覧いただくとして(あえてここでは書きません)、4試合中2試合がPK戦という接戦。
子供たちにPK戦はつらすぎます。
プレーしている選手たちも、みているスタッフも、見守る家族も、そして撮影しているボクも、決めては泣き、ハズしては泣き、勝っては泣き、負けては泣き。そして・・・もらい泣き。

ハズしてしまった子。
落ち込まないで、この悔しさをバネに明日へ向かってくれれば良いんだけど・・・。
そして、その子を責めずに、心から励ましてあげられるチームであれば良いのだけれど・・・。
PKなんてじゃんけんと同じ。
誰が悪いとかじゃなく、どっちが強いとかじゃなく、その時の運。ただそれだけだから。

ヤバイ、こんな時間になっちゃった。はやく入稿しなくちゃ。

全日本少年サッカー大会J-VILLAGE会場は今日まで、明日は移動日、西が丘サッカー場に会場を移し8・9日に準決勝・決勝が行われます。

|

« 第32回全日本少年サッカー大会 | トップページ | マリーゼ公開録音ご招待 »

コメント

PKもつらいですが、一人で4試合掛け持ちもつらいですね。時間が短いからなおさら…。

インハイで、我が故郷の代表もPKで負けてしまいました…。

投稿: | 2008年8月 7日 (木) 10時38分

追いついたチームが勝つ法則 

投稿: | 2008年8月 7日 (木) 17時56分

☆さん、お暑うございます。

いやぁ、さすがに今回はライターのIサンとデスクのKさんがイイ写真がなくて頭を抱えているのではないかと心配ですわ(ピンクの新聞なのでもう校了ですが)。
得点シーンでガッツポーズや駆け寄りを撮ったチームがことごとくPKで逆転負けちゃいましたから・・・トホホです。

投稿: きじむなあ | 2008年8月 7日 (木) 23時28分

名無しさん、こんばんは。

確かに今回の決勝トーナメントは追いついたチームが全て制していますね。おっしゃるとおりです。
そして、PK戦って「エース」と呼ばれている人が外すことってすごく多いですよね。それは今回に限らずですが。

投稿: きじむなあ | 2008年8月 7日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/42092447

この記事へのトラックバック一覧です: つらいね:

« 第32回全日本少年サッカー大会 | トップページ | マリーゼ公開録音ご招待 »