« FISフリースタイルスキー世界選手権第4日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権第6日 »

2009年3月 6日 (金)

FISフリースタイルスキー世界選手権第5日

Aiko1_2 FISフリースタイルスキー世界選手権第5日の6日は、予備日にあてられているため公式競技はありません。
小雨の中、メイン会場のリステルスキーファンタジア『ダフィーコース』において09:15~12:00の間、明日からのモーグル競技の公式練習が行われました。

上村愛子の第2エア

フリースタイルの花形、モーグルにエントリーしているのは男子53名、女子36名。期待の日本選手は女子が現在世界ランキング3位の上村愛子、6位の伊藤みき、36位の里谷多英、34位のナリタアリサの4名、男子は10位の附田雄剛、20位の上野修、23位の西伸幸の3名。

Aiko 公式練習では、気温が高く水分を多く含んだ『柔らかいコース』に苦戦、スキーを取られてバランスを崩す選手が続出していました。
ということは、明日のモーグルは『大きな番狂わせ』があるかも知れません。
ボクは密かに『里谷多英』に期待してます。根拠はありませんが。

終始和やかな表情だった上村愛子

報道陣も続々と到着し、昨日までとは打って変わってプレスセンターも満杯状態。
なじみの顔もどんどん増えています。

Tae ボクが一番期待している里谷多英。復活して!

午後は、大会事務局が猪苗代(野口英世記念館)と会津(鶴ヶ城)を巡る『プレスツアー』を企画してくれました。
「バスが3台ぐらいになる」と聞いていたので参加をしてみたら・・・19人!そのうちボランティアのガイドさんと通訳さんが6人ぐらいで、2人が『プレスツアーを報道する』福島の新聞者の記者さん、同じ目的のNHKのクルーが3人。つまり純粋なツアー参加者は・・・。

そして夕方にプレスミーティングを行い明日からの取材における注意事項などを確認し、その後、プレスレセプション。
『猪苗代地ビール館』を借り切って、とてもおいしいビール(3種類)と沢山の料理をいただき、癒されたひとときでした。
でも、レセプションに参加できたのは、海外の取材陣や通信社、そして僕たちのようなフリーランス。
各新聞社の記者やカメラマンは参加していませんでした。まだ仕事をしているんだろうなあ、お疲れ様です!

Miki 21:41現在、猪苗代は雨、そして霧。明日の天気が気になります。

上位入賞が期待される好調な伊藤みき

訂正:日本人男子のエントリーに「尾崎 快(早稲田大学)」が抜けていました。男女とも4名のエントリーです。訂正しお詫びいたします。

|

« FISフリースタイルスキー世界選手権第4日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権第6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/44263708

この記事へのトラックバック一覧です: FISフリースタイルスキー世界選手権第5日:

« FISフリースタイルスキー世界選手権第4日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権第6日 »