« FISフリースタイルスキー世界選手権第5日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権最終日 »

2009年3月 8日 (日)

FISフリースタイルスキー世界選手権第6日

Ito FISフリースタイルスキー世界選手権第6日の7日は、福島県猪苗代町のリステルスキーファンタジアを会場に男女モーグル予選・決勝が行われました。

昨日の夜は雨、そして早朝は強風で天気が心配されましたが、試合が始まる頃には時折日も差し、まずは一安心。

Aiko71 メダルも期待できる人気の選手が出場するとあって、会場には早朝から続々と観客が訪れ、総入場者数は4,848人。今大会最高の人出。

結果はもうニュースなどで報道されているように予選一位で通過した上村愛子が世界選手権史上日本人男女を通じて初の「金メダル」。伊藤みきが4位入賞、里谷多英が9位。男子も西伸幸が4位入賞、附田雄剛が7位、尾崎快が16位と好成績。

Miki2 朝7時にプレスセンター入りして、8時30分からの公式練習を撮影するため『山登り』。
世界屈指の難コースといわれる『ダフィーコース』は最大斜度が40度ちかい急斜面。
コースサイドに設けられた撮影スペースもほぼ同じ斜度。もちろん階段などはないので、早朝の、ところどころ凍った雪の斜面を自分の足で登らなくてはならないんです。機材をしょって。一本のロープだけを頼りに。
登ったら登ったで足場が悪いので谷足一本で踏ん張り続けなくてはなりません。もしバランスを崩したら下まで滑落だろうなあ・・・命がけです。
ああ、辛かった。

Mogul 夜の7時から行われたモーグル競技の表彰式も撮影、同宿の若手売れっ子フォトグラファー4人とスーパーで総菜を買って夕食。
さすがにへとへとです。

でも、明日も同じ会場だよweep。明日は軽量機材で乗り切ろうっと。
あと一日、頑張ります。

|

« FISフリースタイルスキー世界選手権第5日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134900/44275427

この記事へのトラックバック一覧です: FISフリースタイルスキー世界選手権第6日:

« FISフリースタイルスキー世界選手権第5日 | トップページ | FISフリースタイルスキー世界選手権最終日 »