« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の2件の記事

2010年5月31日 (月)

お茶の水にて

昨日は来年のサッカー女子ワールドカップドイツ大会の出場権をかけての3位決定戦。
相手はホスト国中国ということで多少の不安はありましたが、見事2-0での勝利。
きっちりとワールドカップ出場を決めてくれました。6大会連続という快挙。

僕はこの大会は取材予定だったので取材申請も提出したのですが、やっぱり体調的に取材ビザ申請を断念。
afcからは「成都の○○ホテルのプレスセンターにADを受け取りにこい・・・」とメールをいただいたのですが、今回はキャンセルいたしました。
でも、今になってみると試合後の歓喜の涙、そして満面の笑顔は撮りたかったなと。
おめでとう!なでしこジャパン。

さてさて、金曜日に新しいカメラを手に入れました。これが楽しい!のです。
去年の夏にも同じシリーズのカメラを購入、かなり気に入って使っていたのですが、諸事情(笑)により既に手元になく、限定セットが発売されたのを機に再度オリンパスさんのお世話になりました。
デザインは最初のほうが好きだけど、ちっちゃくって写りが良くって、いろいろと楽しめる機能が満載。やっぱりいいわ!デジPEN。

「レンズ一本お気楽お散歩カメラ」にしようと思っていたのですが、デジPENで「あんな写真」も「こんな写真」も撮りたくなって、あぁっ欲しいレンズやアクセサリーがいっぱい。
やばいぞ!。オリンパスさん、またいろいろお世話になります(笑)。

P5280015mono 写真はお茶の水のオリンパスさんで受け取った直後、写真を撮りたくなって二十年ぶりくらいに立ち寄ってみた「湯島聖堂」。
ここに来ると、石の階段に腰掛けて檸檬を囓って、それをしばらく見つめた後、聖橋から放って、川面の波紋の拡がりを数えたくなるあたしは、かなりの歳ですね(笑)。

このすぐ近くには大学サークルの後輩(女子)の家があって、たまにお邪魔して彼女のお母さんにご飯をごちそうになったりしていたのですが、後輩は下町の「ちゃきちゃき」の江戸っ子って感じだったけど、お母さんはものすごく上品で育ちのよさを感じさせてましたっけ。
そんな彼女の家も、前を通ったら立派で超豪華っぽいビルになっていていました。

「今度、ビルを建てるんだって。テナントが集まるか心配」と彼女が笑っていたのは、ついこの前のようだけど、あれから20年近い年月が流れたんだなあ・・・。

でも、最近ビルの名前が変わったらしくちょっと心配・・・(以前は彼女の名字のビルだった)。彼女はどうしているのかなあ。
男子なら「ひさしぶり!」と尋ねていけるけど、女子の場合はね・・・(嫁に行ってるかも知れないし)。

P5280011gio_2 いえいえ男子でも、突然連絡とかあると「なに?自己啓発?宗教?借金?詐欺?」なんて思ってしまうイヤな世の中とスレた自分になってしまっていますが。

写真1はアートフィルター「ラフモノクローム」、写真2は「ジオラマ」を使用。OLYMPUS E-PL1 17/2.8 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月29日 (土)

写真展と写真集

うひっ!皆さんお久しゅうございます。
体調も何とか戻ってきまして、そろそろブログを再開しようかと思います。
まあ、いつものように気が向いたら書くようにしますので、皆さんも気が向いたときに覗いてみて下さい。

さて、本日は私がひそかに師と仰ぐ今井恭司さんの情報を。
かなり以前にも一度書いたことですが、サッカー写真界の大御所といわれる今井さん。
撮影で一緒になるたびに、今井さんの一挙一動を見て、多くのことを学ばせていただきました。
今の僕(と言っても大したあたしではありませんが)があるのも今井さんのおかげ、公私共々。
そんなわけで直接師事した訳ではありませんが、僕にとっては師匠、いつも心の中で「先生!」と呼んでおります。ハイ。

その今井さんの写真展が日本サッカーミュージアム特別企画展示室において行われています。
過去40年(!)にわたって今井さんが撮り続けた歴代「日本代表」の写真パネル、そして南アW杯期間中はオーロラビジョンを設置し、現地から最新の写真を配信するという新しいスタイルの写真展です。
期間は7月中旬まで。
ぜひ本郷の日本サッカーミュージアムに足をお運び下さい。

Syasyu_2 もうひとつ、今井さんの写真集発売のお知らせ。
日本代表40年の歩みが一冊に凝縮された写真集「写蹴(しゃしゅう) 」が6月1日、スキージャーナル社より発売になります。
貴重な未公開写真も多数収録されていて必見。

これで1,680円はお買い得。ぜひ書店にご注文を。
アマゾンでのご購入は左のリストからどうぞ(笑)。

それでは、また!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »