« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の8件の記事

2010年6月20日 (日)

PENデジ持って釣り・・・は止めたよ

今日は朝5時に起きてチビくんと釣りに。
小名浜の魚市場の前は、堤防まで車で乗り付けることが出来るので家族連れにとっては絶好の釣り場(というのを昨日釣具屋さんで聞いた)。
チビくんは先日買った安物のサオを抱いて寝ようかというほど楽しみにしていた念願の釣り。

6時前から釣り始めて、餌が底をついた11時頃までおよそ5時間!
よくも飽きずに続けられました、我ながら。

さて、肝心の釣果は!・・・・ヒトデが一匹(大笑)。
Sany0031 本日の撮影はペンデジを回避。防水デジカメSANYOのXactiで(2枚とも)。

というか、沢山の釣り人がいたのですが、魚を釣り上げたのを一度も見ていない(笑)。
ホントに魚はいるのかよ!って感じ。
Sany0036 こんな感じでけっこう人がいたけど、誰一人魚を釣ってはいなかった・・・。

チビくんは沖縄に帰ったときにする釣りをイメージ(入れ食い状態)していたらしく、かなり落ち込んでいましたが、「今日はポイントが悪かった」と今度は別の場所に行くらしい。気合い入っています。

何度石けんで手を洗っても、シャンプーしてもシャワーを浴びても「オキアミ臭さ」が消えません。
携帯電話(防水)も生臭くって丸洗い。
今日はPENデジを持って行かなくってよかった、よかった(車には載っていたけどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

PENデジでラー油

_6191127 桃屋のラー油ゲット!
正式名称「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」
略称「桃ラー」

_6191131 二枚ともOLYMPUS E-PL1 ZD35/3.5 AE i-FINISH ストロボ同調 持っていた機材でお店の床に置いてとっただけなので「写真的に」なんて批判はご無用(笑)
「入っているフライドガーリックは中国産なんだろうなあ・・・」とちょと心配になりながら、でもそれは一瞬。
結局何にでも桃ラーをかけて食べています。

もう桃ラーなしでは生きていけない身体になってしまいましたわ、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

昨日はPENデジ持ってお散歩

昨日はOLYMPUS E-PL1を持ってチビくんと公園までお散歩。

本当はチビくんは釣りに行きたかったのだけど、根っからのアウトドア派・ではない(笑)あたしは、なんだかんだと言い訳をして釣りを回避、家から近所の県立公園(これが広いの、丘まるごと一つ)に行きました。

本当はウチのわんこも連れて行くつもりだったのですが、時間は午後2時前。妻から「こんな炎天下にアスファルトの上を散歩させたらヤケドしちゃうでしょ!」と叱られ、二人きりで出かけました。

_6130910 散歩中チビくん撮影の「ルリアゲハ」 OLYMPUS E-PL1 ZD40-140/4.0-5.6 AE i-Finish
思った以上に太陽は熱く燃えていて、中間地点付近でギブアップ。
ショートカットをしてショッピングセンターの中の「サイゼリア」へ。
チビくんが家に電話をかけて、妻に車で迎えに来てもらい帰宅しました。
もちろん、さんざん文句を言われて切れまくられた、あたし達親子です(泣)。

_6130922 サイゼリアでは「マイカのパプリカソース」とドリンクバー。E-PL1 MZD17/2.8 AE i-Finish
夕方、釣具屋さんで一番安い釣りセットを買いました。今度の休みは防波堤に行く約束(強制的・・・)。
チビくんはエサ売り場でアオイソメが蠢いているのを見て卒倒しそうになりました。
やっぱり餌はオキアミに限るそうです。

釣具屋さんで「チビくん孝行」している最中、仕事依頼が2件入りました。今日は親孝行でもしてみようかしら(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

今日からW杯!なのにPENデジ。

いよいよ始まりますね、W杯南ア大会。
大会前の下馬評ではスペインが優勝候補筆頭みたいですが、さてどうなりますでしょうか?
そして、日本は果たしてグループリーグを突破して公約通り「ベスト4」を勝ちとることが出来るでしょうか・・・?

僕が入会している日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)のメンバーもフォトグラファー・ライター合わせて22名が現地入りしています。
約1ヶ月の大会期間中、平穏に、誰もがトラブルに巻き込まれないことを願っています。

国内組のわたくしはというと・・・ひますぎです。
さて、この一ヶ月何をして生活しましょうか。

やることがないのでOLYMPUS PEN E-PL1で遊んでいます(笑)。
今日は、先日オークションで約9,000円で手に入れた安価レンズ(失礼)を取り付けて、庭の花たちを撮ってみました。

P6090700 OLYMPUS E-PL1 DZ40-150/4.0-5.6 マニュアル露出 1/1000 F5.6 i-finish   
普段の仕事ではF2.8という大口径超望遠やズームレンズなど「高級クラス」のレンズを使用している者にとって、明るさは1/4、重さに至っては1/10ほど(ズームレンズ比)しかないレンズ。マウントもプラスチック製で鏡胴を繰り出してマウント側から覗くと、配線リボンとモーターが丸見えって・・・チープさ丸出しのところがかえって「新鮮!」(笑)。昔乗ってたルノー5やシトロエンBXのプラスチッキーさ(でも実用的)を彷彿させます(大笑)。

でも、これがなかなか良い写りをするのでビックリ。広角側も望遠側も絞り開放から実用範囲。
うん、良い買い物をしました。あなどれないぞ、安物レンズ(何度も失礼)。

筆者注・オークションや中古品はオリンパスさんが儲かりません。皆さんご購入の際はくれぐれも「新品」を購入し、オリンパスさん、ひいては日本経済に貢献いたしましょう!今回は私も反省いたしております(ペコリ・笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

PENデジ、楽しいよ!

10日ほど前に「OLYMPUS PEN E-PL1(PENデジ)」を手に入れてから、いつも持ち歩いています。
写真を撮るのが楽しくって楽しくって(笑)。

デジPENはマルチフォーマットなので、いろいろな縦横対比の写真が撮れますが、「ましかく写真(6×6)」がお気に入り。
僕の父は僕が4歳の時、若くして亡くなったのですが、子供の頃、父のアルバムを見るとセピア色のましかく写真がたくさんありました。
幼稚園の頃おもちゃ代わりにしていた父が残した壊れた「二眼レフ」、そして学生の頃憧れた「ハッセルブラッド」。
僕にとって「ましかく写真」はそんなノスタルジーを感じさせるフォーマットなのです。

そして、PENデジの「アートフィルター」という機能がまた楽しいの!
E-PL1には「ポップアート」「ファンタジックフォーカス」「ラフモノクローム」「トイフォト」「ジオラマ」「ジェントルセピア」の6種類があって、普通ならフォトショップを使って処理しなければ出来ないような絵が簡単に撮れてしまいます。
その中でも僕は「ラフモノクローム」「トイフォト」「ジオラマ」がお気に入りです。
ラフモノクロームで町なかをスナップすると「DAIDO(缶コーヒーじゃないよ)風」。
6×6フォーマットにピッタリの(と思っている)「トイフォト」。
ジオラマを使えば「にせホンジョー風」な写真が(笑)。

スタジオでフラのおばさま達を撮るとき「ファンタジックフォーカス」を使えば、シワも写らないんじゃないかな。
ハワイの観光写真館のような「年齢詐称的ポートレート(笑)」が簡単に・・・でも、見た目が「コンパクトカメラのちょっと大きいの」にしか見えないから、お金がもらえないかしら(笑)。

余談だけど、PENデジを仕事で使っている料理写真の巨匠がいらっしゃるそうです。「巨匠」だから出来ることで、僕らがやったらクライアント様に「ふざけるな!」と怒られてしまうんでしょうね。

P6050504 OLYMPUS E-PL1 6×6フォーマット トイフォト
気がつくと何もかもアートフィルターをかけて写真を撮ってる自分が。
実は写真の本質から大きくそれて「おもちゃ」で遊んでいるだけのような気も・・・。
まっ、それもいいじゃない。「撮りたいモノを撮りたいように撮る」のが写真だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

写真展「一瞬の挑戦者」開催中

今日は小川町のオリンパスさんに「ブツ」の返却と受けとり。
受け取る物はしっかり受け取ったのですが、返すのを忘れたことに気がついたのは「霞ヶ関」。
慌てて反対ホームから地下鉄に飛び乗ってお茶の水に引き返し無事返却。相変わらずおっちょっこちょいです。

P6040413dev その後、「東京ミッドタウン」の富士フイルムフォトサロンで本日より開催される写真展「一瞬の挑戦者〜The ONE スポーツ報道写真展〜」に。

これは我らが日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)の水谷章人会長が主宰しているプロスポーツカメラマン養成塾「水谷塾」の門下生で現在第一線で活躍しているカメラマン11名による写真展。
実はボクも「水谷塾」一期生募集の際、申し込みをしたのですが「定員に達した」とのことで受講できなかったという経緯がありまして・・・今もって残念なのですが。

写真はどれも素晴らしいものでした。
写真は光と影が織りなすもの。
わかってはいるんですが、被写体(アスリート)を前にすると、「目の前で起きていること」を「記録する」ので精一杯になってしまう・・・そんな「自分の未熟」に歯がゆさが。
「記録・報道」と「自己表現・芸術性」その両立を目指すべく戦っているんですよ、撮影のたび。
体調云々なんて言っていられない。写真を撮りたいぞ!ものすごく。

P6040414 でっ、本日の会場番は萩原利一(右)くんと益田佑一(左)くん。
二人の作品の前での記念写真(会場は撮影禁止です。念のため)
今回萩原さんは自転車ロードレースのシリーズを出品。写真では切れてしまっていますが、右端の水面(みなも)に映るロードレーサーが印象的な、シンメトリーな流し撮りの作品が写真展の案内状になっています。

P6040415 益田さんは「石川 遼」。色合いと構図が絶妙ですよね。
個人的には隣のシルエットの作品が好きです。

今日はインスパイアされたぞ!明日から頑張ろう(このモチベーションがずーっと続けばいいんですがねえ・爆)。

写真展「一瞬の挑戦者〜The ONE スポーツ報道写真展〜」は
富士フイルムフォトサロン/東京
東京都港区赤坂9-7-3(東京ミッドタウン)にて本日より6月10日(木)まで開催しています。
ぜひ足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

辞任と休養・・・

昨日は激動の一日。鳩山さんの辞任。
マスコミは鳩山さんの功罪をしっかりと総括して欲しいですね。
我々庶民は普天間問題が強く印象に残って、どうしても「罪」にばかり目がいきそうですので「功」の方も、政権交代が実現したからこそ出来た事柄(もうすでに忘れられがち)をしっかり伝えて下さい。
とはいっても、記者クラブを温存するため(苦)どうしても偏った報道になるのでしょうが・・・。

こんな事を書いているボクは決して民主党支持ではありません。
ただ、旧態然とした自民党支配には戻りたくないだけ。
利権談合がまかり通る世の中がイヤなだけ。
沖縄に負担を押しつけるのはやめて欲しいだけ。

そんな中、もう一つのビッグニュース。
ウチの息子(長男)がものすごいショックを受けております(苦笑)。
「上村愛子10-11シーズン休養へ」

_2ty0346 まあ、多分来季はこうなるだろうと予想されていましたが、現実になるとやはりちょっと残念。
日本のフリースタイルスキーを15年間にわたって牽引してきた「女王」。
人気と実力を兼ね備えた希有なアスリート。
みんなを魅了した「愛子スマイル」にもしばらく会えないのかあ。

_2ty0417 09世界選手権ではシングルとデュアルで二冠を達成し、悲願のオリンピックメダルを目指して全勢力を注いだ「バンクーバー」。
結果は4位とメダルに手が届かず、心身ともに疲れ切ってしまったんだろうなあ。
バンクーバー後のW杯猪苗代大会でも、いつもより遠くを見ていることが多い気がしたので、大会後に休養か引退宣言をするのかも・・・と感じました(もちろんありませんでしたが)。

上村選手の心の中で「完全燃焼」であれば悔いはないのでしょう。
一年ゆっくり休んで、もしオリンピックメダルに未練が出てきたら、ぜひ4年後のソチを目指して復帰して欲しいですね。
ウチの息子は「ソチで上村愛子を見る」ため、ケンタでバイトに励んでおります(笑・ホントの話です)。

_2ty1180_2 とにかくゆっくり休んで、自分をリセットし、そして願わくばオリンピックを目指して復帰してくれることを祈っています。
オリンピックでメダルをかざした愛子スマイルが見られることを心から願っています。
息子の夢、実現のためにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

WPSオールスター、投票中

さてさて、今年のなでしこプレーヤーはアメリカ(WPS)だけでなく、ブンデスリーガなどにも進出していることは周知の通り。

澤が草を分け道を作り(野茂のように)、世界各地で活躍する「やまとなでしこ」たち。
世界レベルのサッカーを体感し、磨かれ、日本の女子の一層のレベルアップに寄与して欲しいですね。
慣れない環境や言葉で大変な苦労などもあるのでしょうが、自分の可能性を信じて頑張って欲しい。
いつも彼女たちの成功を祈っています。

そんな彼女たちの取材にでも行こうかと(いつもの「エア取材」ですが・自嘲)調べ物をしていたときにヒットしたのが「WPSオールスター」
6月30日(水曜)アトランタのKSUサッカースタジアムにて午後7時30分(アメリカ時間)より行われるそうです。
何よりスポンサーが驚き!「presented by 米国沿岸警備隊」。軍隊(準軍事組織・有事には国防総省指揮下に入る)が提供するところがアメリカっぽいなあ。ちなみに横田基地内に米国沿岸警備隊極東支部があるの知ってました?

でもって、現在ファン投票の受付を開始しています。
ここのページにアクセスすると直接投票できます。入力は名前とメールアドレス、誕生日だけ。
下の方に今シーズン1分以上プレーした全選手がポジションごとに表示されるので好きな選手にチェックを入れるだけ。簡単でしょ!。

しかも一人25回まで投票できるので、好きな選手をガンガン投票し応援しちゃいましょう!
でも、まちがって26回以上投票したりすると全投票が無効になるよ、と書いてあるので「正」の字でも書きながら応募しよう(笑)。

GKは2人、DFとFWは6人、MFは8人までチェック(投票)することが出来ますが、僕的にはやっぱり日本人プレーヤーに。
そして皆さんに何と言っても応援して欲しいのは「丸山桂里奈」
これから調子を上げて、ガンガン試合に出て、一回りも二回りも大きくなって帰ってきてもらうための期待を込めてみんなで応援して下さい。
まあ、日本人のFW登録は桂里奈一人だし!
FORWARDS欄の真ん中あたりに「Karina Maruyama(PHI)」があるので、よろしくです。

投票は6月4日(金)午後8時(アメリカ東部時間)締め切りなので、今すぐ急いでVOTE!。

というわけで、今日はマリーゼ時代の桂里奈の写真を2枚。

_dsc318426050_3 一枚目は、マリーゼでのボクの初仕事。マリーゼ初めてのシーズンでの「新人」桂里奈。
この写真がサポーターズクラブ会報の表紙になりました。それからずっと写真を通してマリーゼを応援しています。今年、当時からのメンバーとスタッフはとうとう中村真実選手一人になっちゃいました(泣)。

この年と翌年のマリーゼオフィシャルカメラマンは、ナント!昨日書いた今井師匠だったんですよ。2年間、すごい人に撮ってもらってたの気がついてましたかねぇ。

2枚目は、最後のシーズン09年7月12日の対アルビレックス新潟レディース戦。途中出場の桂里奈がファーストタッチで素晴らしいゴールを決めたのを記憶されている方は多いと思います。この写真はそのゴールへの流れの一枚。当時のブログはこちらより。

_dsc7435_2 彼女のリズムあるドリブルと抜群のキープ力・・・見たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »