カテゴリー「パソコン・インターネット」の6件の記事

2009年7月18日 (土)

ATOK2009 for Mac

P7170312昨日、新しい「ATOK2009 for Mac」が届きました。
前回は見送ったので、2年ぶりのバージョンアップです。

2年のウチにどれだけ頭が良くなっているのか楽しみですが、前バージョンのユーザー辞書はどんどんカスタマイズと学習が進んでいて、それを引き継いだ新バージョン、変換効率の素の実力って個人ユーザレベルでは解りませんよね、実際。

まあ、以前からほぼ完成されているATOKです。
進化を感じさせない進化を遂げているものと思います(これすごく重要)。
そして、相変わらずマニュアルを読まないボクは、本当の進化を感じることが出来ないのですがね・・・。

写真は久々に登場のジュジュくん。新しいATOKと一緒に記念写真。カメラはもちろんOLYMPUS PEN E-P1。アートフィルターは「ラフモノクローム」。なぜモノクロか・・・全く意味はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

新しいiPod発売!

本日、アップルより新しいiPodが発表・発売になりました。

iPod nano (3rd generation)と普通のiPodの後継機種iPod classicはデザインが大幅に変更になり、使い勝手も向上しています。

そして何といっても目玉なのが、あのiPhoneとほぼ同じデザイン、操作性のiPod touch

欲しいなぁ・・・でも、11月に機材(カメラ)の入れ替えがある予定なので、ガマンガマン!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月27日 (月)

これ、なーんだ。

neon1 これ何の写真かわかります?
出先のテーブルの上でコンパクトデジタルカメラを使って撮ったものなので、「フレーミングが悪い」とか「ピント合ってない」などはいいっこなし(そのうちちゃんと撮りましょうネ・・・)。

デジタルオーディオプレーヤーみたいだし、ただの箱のようだし。
答えはおわかりの人も多いでしょうが『携帯電話』。
2月24日に発売になったauの『NEON』です。

プロダクトデザイナーの深澤直人くんがデザインした最新作。
neon2 一見なにもない面構成のボディにはセグメントLEDが埋め込まれていて、着信時などには文字が浮き出るようにデザインされています。
『INFOBAR』から始まったauデザインプロジェクトにまんまと乗せられている新しもの好きのボクとしては、やっぱり押さえておかなければ・・・。

そうそう、深澤さんはボクの姉の美大時代の同窓生(ついでにあの竹中直人も )、ということもあって勝手に親近感を持っているので、彼の製品はチェックしてしまいます。±0 加湿器(アロマポット付き) ホワイト←これが一番有名かな?

ボクは自分でも認識している『デザイン至上主義者』。スペック云々より、第一印象、見ていて心地よいか?否か?で購入するかしないかを決めてしまいます。まぁ、たまに(しょっちゅう?)それで失敗したりして妻からキツイお叱りの言葉をいただくことも少なくはありませんが・・・。

絵や写真を選ぶのと同じように、生活道具にも『美しさ』を求めていきたいなあ、これからも。
あっ、妻や友人は見てくれで選んだりはしませんから・・・念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

フラダンス発表会

おととい(27日)、「フラダンスの発表会」の撮影がありました(以前に書いた「彼女たちのフラダンス」を参照ください)
きじむなあは基本的にスチルなのでビデオは仕事で撮ったことがありません。

でも、生徒さんにうかがったところ「去年のビデオがひどい出来で、揺れる、ぼける、顔が溶けてる、編集もせずにダビングをしただけで2500円だった」。
主宰の先生は「写真屋さんに撮影料を払って撮ってもらったの」+生徒さんには写真屋さんが直接販売して、先生はリベートを1円ももらっていない(もらうつもりもない)。
結構な本数売れたらしいので、写真屋ボロ儲け!だったらしい。

うーん、きじむなあ的には「写真屋=記憶と喜びプレゼンター+プロ意識」なので許せないのだ、そういうの。

あっ、そうそうもう一つ許せないのが「新聞(特に地方紙)記事のピンぼけ写真」。特に商売柄スポーツ面のそれは許せない。見ていて腹が立っちゃう、プンプン 。まぁ、彼たちのほとんどは「記者」だからしょうがないといえばしょうがないけど、読者から見れば一応「プロ」ですからね。自覚を持とうよ!無理ならボクを使ってね(^◇^)!

話がそれたけど、そんなわけで今回は「据え置きでもかまわないから」ということで、引き受けました。もちろんスチル兼任で(!)。

となると、なににでもこだわってしまうきじむなあ、「いい加減なものは作れないぞ!」というわけで、Apple Store (姪の彼が働いている)からFinal Cut Express HD というソフトを購入、タイトル作りから編集、DVD作り(DVDソフトと同じようにメニューが動いてチャプターとか選べて、しかもおしゃれな)までこれで完璧!フラダンスのおばちゃんたちに喜んでもらうぞ!一枚作れば16倍速でホイホイ焼けるし。

・・・ でも、きじむなあは動画編集ソフトの経験ゼロ!マニュアルとにらめっこで ・・・ しかも今週は昼間働いているし(写真だけで生活を支えられない悲しさ) ・・・ 徹夜が続くのだろうなぁ ・・・ 

何よりも・・・ソフトウェア代と労力をかけて・・・赤字なのは明白・・・ごめんね、妻と子供たち。こんなお父さんで。

でも、喜んでもらえて、いい仕事をすれば「明日につながるから!」。そうそう、ポジティブ!常にポジティブ!。ウチナーグチでは「なんくるないびさぁ(なんとかなるさ)!」。

_DSC3889そんなきじむなあを最後に恐怖と不安におとしめた妻の一言「ところでオバさん(おバアちゃん)たち、DVDプレーヤー持ってるの?」

「えっ…>_<…!」
※画像は「ブレ、ピンぼけではありません(^^)!」彼女たちのプライバシーに配慮し画像処理をしただけでーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

夢バトンもらった

くろねこママさんより「夢バトン」をいただきました。
こんなブログでも「気にかけてくれている人がいるんだ」力が沸いてきましたよ!
アリガト、くろねこママさん。
そしてどなたでも気軽にコメントくださいね!やる気が出てきます!

さて、その夢バトンを・・・

Q1:小さい頃何になりたかった?  

はるか昔、銀河系の片隅で思ったのは・・・ウルトラ警備隊員(今でもなりたい)!駅前交番のおまわりさん(幼稚園から帰ると入り浸っていた)!カメラマン!カメラ屋さん!

Q2:その夢は叶いましたか?  

うーん・・・。食べていけてないから・・・。半分、ってとこ。「いんちきプレス」みたいなもん。かなり回り道しちゃったし。

Q3:現在の夢は?  

沖縄に住むこと。妻がウチナンチュなんだけど、初めて沖縄に行ったとき何故か「帰ってきた」っていう気持ちになって「涙」が出たの。それでボクは「絶対に以前沖縄に生きて、そして死んでいる」って思い込んでて・・・。

Q4:宝くじで3億円当たったら?
 

これはもう現実的!だって、今日のロトで当たる予定だもの。 でっ、ま住宅ローンを払っちゃうでしょ、余ったお金で沖縄に家を買って「移住完了」。ウワッ、まだ2億円も残っている!シトロエンの正規ディーラーでも作っちゃおう。・・・でも売れないだろうなぁ。

Q5:あなたにとって夢のような世界とは?  

オバカな「大○領」とか「総○大臣」とか「独裁者」が存在しない世界。宗教は世界で一つだけ(もしくは無宗教か完全なる八百万の神のどちらか)。
個人的にはどこにでも、どんな大会でも「顔パスで取材ができる(しかもその写真が必ず売れる・・・切実?)」ような世界!

Q6:昨晩見た夢は?  

1部・プレスルームにPowerBookとカメラ機材を忘れて帰って、焦って戻る夢(以前、実際やらかした。根っからのおっちょこです)。  2部・ばあちゃんが作ってくれた「椎茸とにんじん入りハンバーグ」を子供たちとみんなで食べる夢。あー、もっとばあちゃん孝行すればよかったなー。

Q7:この夢の話を聞いてみたいと思う5人は?  

350人ぐらいになってしまうけど「Lリーグ」の選手たち。「J」はどうでもいいけど、「仕事と両立」させている彼女たちにはぜひ聞いてみたい。  
現実的には・・・ネットワークがないんです。マリーゼネタで「クワピロさん」、「守護的女神至上主義」の藤希さんとか・・・マリーゼマネージャのやまちゃんにも聞いてみたい。彼女はすごいんです、練習相手でもあり、コーチでもあり、審判員でもあり、試合・練習・遠征の準備や手配、マスコミ対応、何でもパキパキこなして、そしていつもすてきな笑顔で・・・。  バトン落としちゃったらごめんなさい(^_^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

虹色林檎と白リンゴ

あなたのパソコンはWindows?それともMac?大多数はWinですよね。
もちろんボクも・・・Mac!生粋のMac党。Winも使えるMac党。

パソコンを始めたのは10数年前。その時からMacを使っていました。理由は「デザイン」と「PhotoshopといったらMac」だったからかなぁ・・・天の邪鬼だしネ。

でも確かにその頃の他メーカーパソコンは「事務機」だったのに対し、Apple(Apple Store)は「パソコンに美しさ」を付加している唯一のメーカーでした。

初代iMacで見せた革新性は、その後も衰えることなく「デザイン」「アーキテクチャー」そして「ipod」「iTMS」など、様々なトレンドを作り出してきましたよね。

iMacの発売と同時にリンゴが虹色から白に変わりました。あのころは奇異に映った「白リンゴ」も時間の経過とともに見慣れてしまいました。何故こんな事を書いているのかというと、部屋を片づけていたら「虹色林檎ステッカー」が出てきたから・・・ただそれだけ。

apple1
写真はApple社の最初の製品から最新作(当時)、試作品、コンセプトモデルなどを網羅した「Apple Design」。一つのメーカーの「デザイン」に関する本が出版されているのは、AppleとSONYぐらいですか?

ボクが今までに購入したモデルを思い出してみました。デスクトップではLC520、LC630、Paforma6300、PM7600、PM G4/400、ノートブックではPB520C、PB G3(2000y)*、PB G4/667Mhz、PB G4/1.25Ghz*、そして初代iMac、Mac mini*、そうそう20thMac(スパルタカス)も持ってたっけ・・・。iPodは初代*、mini*、シャッフル*、第4世代のphoto*(*印は現存)。単純に計算して使った金額は・・・えっ!ええっ!スミマセン、むだ遣いやめます。iPod nanoPMG5を買ったら・・・。

iPodは初代が出た直後に購入しました。あの頃はそんなに人気がなくて、友人たちも「1000曲入るたってそんな必要ないでしょ」「5万円も出してよく買うよ」「それってキワモノじゃないの?」と冷ややかでした。

それが今ではiPodでAppleに興味を持って、WinからMacにスイッチする人まで出てくるなんて!こんなに人気になるなんて誰が予想できたでしょう・・・スティーブは知ってただろうけど、天才だから。

ipod

写真はわが家のiPod大集合!初代はチビくんへのおさがり、photoはお父さん、miniはお兄ちゃんで、シャッフルはお母さんとジュジュ(犬)の散歩用。

最後に一言。Macを使ったことのない人に限って言うんです。「Macはお遊び用だから」とか「使いづらいんだよね」とか「(パソコンを始める人に)やめた方がいいよ」とか・・・。もし、あなたがMacを使ったことがないのであれば、一度でいいから「いじって」見てね。
「なかなかいい」ことに気づいてくれるはずだから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)